八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎の広告デザイン制作】「プッシュ型広告」より「プル型広告」がおすすめの理由 | main | 【超・基礎の広告デザイン制作】インパクトあるデザインの基本は「整理整頓、そして崩す」 >>
【超・基礎のWeb制作】気になるWindows10のシェア
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は晴れの朝です。

Windows10アップデートイメージ

最新版のWindows10への移行が進んでいない?

今回はWindows10のシェアとWebデザインの関係について。

ざっくり言って、世の中のパソコンの9割はWindowsです。
Macも増えていますが、1割あるかないか程度。
Windowsの天下は当分続きそうです。

ただ、ここ10年くらいでWindowsの種類も増えました。
XPとかVistaとか8とか。

最も多くの人が使っているのはWindows7ですね。
最新版のWindows10も増えていますが、まだ全体の2割程度のシェア。
Microsoftはアップデートして欲しいようですが、移行は意外に進んでいない様子です。

Webデザインにとっては悩みの種になることも多いWindows7

Web制作者としては、ネット接続する人はWindows10を使って欲しいところですが、いろいろな事情でWindows7から離れられない人も多いようで。

Windows7の標準ブラウザ「インターネットエクスプローラー11」(通称「IE11」)はWebの最新規格に対応しきれていないところがあるので、Webデザインにとっては悩みの種になることも多いのです。
標準以外のブラウザでは「Firefox(ファイアフォックス)」とか「Google Chrome(グーグルクローム)」もあるのですが、日本でのIE11のシェアって25%程度あるようです。全世界的には「Google Chrome」がダントツで首位なのですが。

一応今年(2016年)7月29日でWindows7から10への無償アップデート期間が終わるのでWindows10への移行がどのくらい進むか注目したいところです。

ホームページ制作のグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
手頃な料金で、美しく、分かりやすいウェブサイトを。「デザインと写真の合わせ技」による、本格的なクオリティのホームページをご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

JUGEMテーマ:PC関連
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ