八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【超・基礎の広告デザイン制作】集客ツールとして今なお有効な印刷物。でも意外に重く、かさばるので取扱いには注意が必要です | main | 【超・基礎のWeb制作】Webでの集客のための宣伝活動。その「数・量・質」の関係 >>
【超・基礎の広告写真撮影】カタログやメニューの写真をきれいに撮影できる良いカメラが欲しいけど、高価なカメラは何が違うの???という方へ。
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は曇りの朝です。

良さそうに見えないものにお金は出さない?

今はデジカメの性能も良くなり、簡単な商品撮影は自社のカメラで行うという場合も多いと思います。

簡単な商品説明のパンフレット程度であれば、デジカメで写真を撮ってパソコンで作った文書に貼り付けてプリントアウトすれば出来上がり。非常に安上がりです。

飲食店様のメニューでも、デジカメ撮影してパソコンで自作したメニューを使っているお店がよくあります。
メニュー内容の入れ替えや、価格の変更も自分でできてしまうので手っ取り早く済ませられます。

しかしやはりぱっとしない事が多いのも事実。
商品の形が歪んでいたり、何となくぼやけていたり、何となく暗くてどんよりしていたり。
良さそうに見えないものにお金を出すのは、やはり誰しも抵抗感を持つ場合が多いと思いますので、商売的には少しでも見栄えのする写真を載せたいところです。

写りの良いカメラの2つのポイント

そこで「一眼レフでも買おうかな?」となるかもしれません。
しかしカメラ店に行くと2〜3万円のカメラもあれば50万円を超えるようなカメラもあります。

50万円を超えるようなカメラはとりあえずおいておくとしても、
「5万円のカメラと10万円のカメラ、20万円のカメラは何がそんなに違うのか?」
という疑問があると思います。

プロ用の何十万円もするような高価なカメラでよく言われるのは「堅牢製」とか「防塵防滴」「秒間連写枚数」などの話になりがちですが、商品写真やメニュー写真を撮影しようという場合はあまりそういうものは関係ないですね。

非常にざっくり言ってしまうと、写りの良いカメラとは、下記の2点に集約できるかと思います。
・センサーサイズが大きい
・レンズが大口径である


センサーサイズとレンズの口径について

センサーサイズとはイメージセンサーのサイズの事で、以前は「CCD」と呼んでいる人も多かった部分です。ミラーレス一眼カメラならレンズを外すとよく見えます。(イメージセンサーにゴミや汚れ、傷がつかないように注意が必要です)
ここのサイズが大きいと大抵、よく写ります。

レンズが大口径というのは「レンズの直径が大きい」という意味ではありません。
ややこしいんですが。
レンズに「1:3.5」などの表記があると思いますが、この場合「3.5」という数字がレンズの「F値」と呼ばれるもので、ズームレンズならF2.8以下、ズームのない単焦点レンズならF1.8以下程度のレンズを「大口径レンズ」と呼びます。 はっきりと定義づけられていると言うよりも、一般的にそう呼ばれているという程度のものですが。

高画質にこだわり始めると一気に予算が膨れ上がる

センサーサイズは「フルサイズ」と呼ばれているものが大型センサーの代表格で、現在のところ、高画質を標榜するカメラはフルサイズセンサーを積んでいます。(もっと大きいサイズもありますが、主流とは言いがたい状況です)

そしてレンズはF2.8クラスの標準ズームレンズか、F1.4クラスの単焦点レンズ、つまり大口径レンズを使えば、かなりの高画質が期待できます。

が、これをやると30万円は軽く超えて行きます。
さらに三脚だの照明機材だのも追加して行くとさらに予算が膨れ上がって行きます。 もちろん、それを使いこなすだけの撮影の知識とテクニックも必要です。

プロに撮影を依頼した方がよほど安くて確実ですね。

本業が忙しくて広告宣伝にそこまで手間暇掛けられない…というときは?

比較的低価格のカメラでも、工夫すれば鮮明な商品写真や、美味しそうなメニュー写真の撮影はある程度は可能です。デジカメならパソコンでの後加工でさらに見栄え良くできる可能性もあるので、努力をしてみる価値はあるかと。

どのような業種であれ商売に広告宣伝は欠かせないので、そのような努力も「営業コストの一部」と考えられなくはないのですが、「本業が忙しくて広告宣伝にそこまで手間ヒマ掛けられない」という事業者様は当事務所「グラッドワークス」までご相談ください。

良心価格にて、本格的な広告写真をご提供致します。

写真撮影とデザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
伝えたいイメージをカタチにする、デジタル広告写真に本格デザインをプラス。「デザインと写真の合わせ技」による、高いクオリティの制作物をご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ