八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎の広告デザイン制作】広告印刷物のデザイン案をチェックするときは、実際に印刷される仕上り寸法にプリントアウトしてのご確認がお勧めです | main | 【超・基礎のWeb制作】Evernoteがダウンした時にはSNSなどで状況確認 >>
【超・基礎の広告写真撮影】デザイン制作物用に写真を支給して頂く時にご注意頂きたい3つのポイント
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は雨の朝です。

クライアント様の撮影された写真も広告に使用できる場合があります。

当事務所、グラッドワークスでは広告のデザイン制作に必要な写真撮影もしていますが、 クライアント様の撮影された写真も必要に応じ、使用させて頂いております。

コンパクトデジカメやスマホで撮影した写真でも条件が良ければ広告に使用可能です。 チラシやパンフレット等の広告印刷物に使用できるかどうかについて、必要なポイントは主に下記の3つがあります。

【1】ちゃんとピントが合っていること
ピンボケは後加工でもどうしようもない場合がほとんどです。
商品の写真を撮影したのに、背景の方にピントが合ってしまっている、ということも意外に多いので要注意です。 あと、手ブレや被写体ブレも救済は困難です。

【2】画像サイズが充分あること
印刷物の必要解像度はパソコンの3〜5倍程度必要です。
パソコン画面で十分なサイズがあるように見えても、印刷物で使うとぼやけた感じに印刷されてしまう場合があります。 ホームページなどで使う分には良いのですが、チラシやパンフレットなどの広告印刷物に使用する画像は、かなり大きめのものをご用意頂くのが安全です。
詳しくは下記を参照ください。

ホームページに載せている画像をダウンロードしても、印刷物には使えない!?

【3】明る過ぎたり、暗過ぎたりしないこと
明るさや色調は専用の画像加工ソフトにより後加工である程度補正できますが、極端に暗く写っていたり、明る過ぎたりすると後加工でも補正しきれない場合があります。
特に室内で明るい窓を背景にしている人物などはかなり暗く写ってしまう事があります。
光の当たる向きは写真の印象を左右するものでもありますので、広告の内容に合った光の当たり方になっているのが理想です。

広告掲載用の写真撮影に役立つ知識

商品写真などでは望遠での撮影が基本ですが、スマートフォンのカメラはどちらかというと広い範囲が写る広角レンズになっています。そのため、スマホのカメラで撮影すると遠近感の歪みが強くて、商品の説明用には使いにくくなりがちです。

カタログに載っているような写真にしたい場合は、望遠用のアダプターなどを使用するか、望遠撮影のできるカメラを使って撮影されるのがおすすめですが、望遠撮影は手ブレの影響を受けやすくなるなど、別の問題も発生しがちです。

また、撮影にあたっては普通にカメラを構えるだけでなく、少し腰を落として低めのアングルで撮ってみると、広告用写真としてより見栄えのする写真になる場合もあります。

もちろん既に撮影済みの写真もこのブログ記事前半で挙げた3つのポイントを満たしていれば、チラシやホームページに使用できる可能性が高くなりますので、広告制作の一環としてご相談ください。

写真撮影とデザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
伝えたいイメージをカタチにする、デジタル広告写真に本格デザインをプラス。「デザインと写真の合わせ技」による、高いクオリティの制作物をご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ