八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎のWeb制作】小規模事業様の広告宣伝ツールとしては非常に便利なインターネット。SEOは「ユーザー目線」で考えるのがおすすめです。 | main | 【超・基礎の広告写真撮影】デザイン制作物用に写真を支給して頂く時にご注意頂きたい3つのポイント >>
【超・基礎の広告デザイン制作】広告印刷物のデザイン案をチェックするときは、実際に印刷される仕上り寸法にプリントアウトしてのご確認がお勧めです
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は晴れの朝です。

仕上り寸法での広告デザインチェックをお勧めする理由

チラシやパンフレットなどの広告印刷物を制作させて頂いているとき、広告仕上りのデザイン案をメールでお送りしてチェックして頂く事があります。

A4の2つ折りパンフなら広げた状態だとA3サイズになります。
普通の家庭用プリンタだと最大A4の場合が多いので普通に印刷するには縮小印刷する事になるのですが、デザイン案のチェック用にはなるべく原寸に近いサイズでプリントアウトしたものをご覧頂く事をお勧めしています。

A3サイズの印刷物をA4用紙に縮小印刷すると、小さな文字はほぼ読めなくなりますし、本文の読みやすさなども把握しづらくなります。

小規模事業者様の場合はA4サイズのプリンターしかお持ちでない、という場合もありますが、仕上りサイズの大きなデザイン制作物でもA4サイズに分割出力するなどの方法があります。
当事務所「グラッドワークス」ではそのようなプリンターで印刷した状態でのデザインチェックについてもサポートさせて頂いております。

印刷裁断後の寸法でデザインの確認をすればさらに安心です

また、できれば断ち切り線の部分で紙を切って、裁断後の状態を再現されるのもおすすめです。

プリンターで印刷した状態では、仕上りサイズより大きな用紙にプリントアウトする事が多いので、通常は周囲に余白があります。
しかし実際に印刷納品されるときは余白はありません。
そのため、余白がある状態とない状態では、結構印象が変わる場合があります。
余白がある状態では良いバランスでレイアウトされているように見えても、余白を切り落としてみると、思っていたよりも紙面に対して内容がぎっちり詰め込まれて見える場合があります。

当事務所で提出するデザイン案はその辺も計算してレイアウトしていますが、やはりなるべく仕上がり状態に近い状態でのレイアウトチェックをお勧めしています。

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ