八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【超・基礎の広告写真撮影】失敗しないためのはじめての商品写真の撮影発注 | main | 【超・基礎の広告デザイン制作】広告宣伝のヒントやアイデアは「現場」に落ちている >>
【超・基礎のWeb制作】せっかくのアクセスを無駄にしないために今、できること
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は雨の朝です。

ホームページに来てくれた人がすぐ他へ行ってしまう

ホームページを作っても問い合わせが全然来ない、ということはないでしょうか?

考えられる原因は
【1】絶対的なアクセスが少ない
【2】そもそも需要がない
【3】ホームページに魅力がない

などが挙げられるかと思います。

今回は3番目の原因について考えてみたいと思います。

ホームページの内容やデザインに問題があり、せっかくアクセスしてくれた人がすぐ他のページへ行ってしまうと、 問い合わせのページまで来てもらえません。
そもそも間違えてアクセスしてしまった(居酒屋について調べていたのに、美容院のサイトを開いてしまった、など。)のであれば仕方ありませんが、そうではない場合、大きくは下記のような問題があると思われます。

【品質の問題】

ホームページ自体の完成度が低いと、取り扱っている商品やサービスも低く見える事があります。
写真の画質が悪かったり、色使いがバラバラだったりすると、なんとなく安っぽく、信頼感の乏しい印象のホームページになる事が多々あります。書体ひとつとっても、パソコンに元から入っている書体だけでは、広告物として使うには力不足である場合が多いのです。
Webにしても広告印刷物にしても、構成や配色、掲載内容の展開など、考えなくてはいけない事が多いのですが、慣れないとなかなか難しいものがあります。

【説明が不十分、あるいはズレている】

商品やサービスのPRが不足していたり、訴求内容にムリがあったりすると、 購買行動を促す事は難しくなります。
自社の商品やサービスに興味を持ってくれそうな人はどんな人かを見定めて、 そのような人たちの需要に合致する情報提供ができている必要があります。

【使いにくい】

ホームページのページ構成やリンクの貼り方に問題があると、 必要な情報になかなかたどり着けない、という場合があります。

また、掲載している画像が無駄に大きいと、閲覧する側はそれを全部読み込む必要があり、ホームページの表示が遅くなってしまいます。 ホームページでは大きな画像を小さく縮小して表示する事ができるのですが、画像データは元のサイズのままなので、大きなデータサイズの画像を読み込む事になります。
そうするとホームページを表示するのにかなりの時間を要してしまう事になります。

写真は広告表現に重要なものですが、必要以上に大きな画像データは適正なサイズに変更しましょう。

ホームページ制作のグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
手頃な料金で、美しく、分かりやすいウェブサイトを。「デザインと写真の合わせ技」による、本格的なクオリティのホームページをご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

JUGEMテーマ:PC関連
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ