八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【超・基礎のWeb制作】Evernote for Mac のアップデートが大ハズレ(?)でもWebアプリでなんとか凌げる最近のインターネット環境 | main | 【超・基礎の広告写真撮影】花火の写真撮影をなるべく失敗しないためのデジカメ撮影術 >>
【超・基礎の広告デザイン制作】費用をつぎ込んで広告しても「売れない」「集客がない」のは「言葉足らずの広告」だから…かも知れません。
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は晴れの朝です。

ブルームーン

早いもので、もう8月となりました。暑い日が続きますが、体調管理に気をつけて乗り切って参りましょう。
先日、7月31日の夜は満月でしたが、この満月は「ブルームーン」だったそうです。とは言っても「月がとっても青いから〜」なのではなく、1か月の間に2回満月がある場合は、2回目の満月を「ブルームーン」と呼ぶのだとか。満月のサイクルは1ヶ月より少し短い29.5日なので1ヶ月に2回満月が見られるのは結構珍しい、らしいです。

上の写真はその時撮影したものです。
撮影機材はいつものニコワン(Nikon 1 V1)に300mmの望遠ズーム付けて三脚で撮影しました。
ISO感度100固定、露出はマニュアルでf/8、シャッター速度は1/200秒で。
「Capture NX2」でRAW現像してトリミングもしてあります。
ここのところ梅雨もありましたし、久々に満月を眺める事ができました。

広告はやはり「情報がたっぷりある」のが望ましい

ところで今回は広告デザインでありがちな「情報不足」の問題について。
折り込み広告等のチラシを配布されている業者様や、ネットショップ様にも、「売れない」「集客がない」とお悩みの方は多いと思います。そういう企業様の広告やネットショップにありがちな傾向として「言葉が足りない」という事があるかと思います。特に不十分と思われるのは、その商品の情報ですね。

売る側の人にとっては当たり前の事でも、広告を見る人がそれを知っているとは限りません。特に予備知識がない人がはじめて見ると仮定すると、広告にはその商品がどういう商品で、どんなふうに使うもので、使う事によりどのようなメリットがあるかという情報はやはりたっぷりあるのが望ましいのではないでしょうか?

近頃はインターネットを使って、商品の情報を自分で調べる事もできますが、ちょっとマイナーな製品の場合だと、ネットで検索してもめぼしい情報はなかなか見つからなかったりします。

情報不足のまま、購買行動へつなげるのはかなり困難?

有名ブランドの広告ならイメージ写真とブランド名だけでも広告宣伝効果はあるかと思いますが、そうでない場合、商品写真と商品名、値段だけが表示されていて「ご購入はこちら」となっていても、実際に店舗に足を運んだり、ネットショップで申込画面に移動したりという購買行動へつなげるのはかなり厳しい、と思われます。やはり情報不足はセールス的に不利になる場合が多いと思われます。

「うちはイメージを大切にしているからごちゃごちゃさせたくない」という意見もありますが、スタイリッシュさをある程度維持しつつも、必要な情報をきちんと表示する事は可能です。でかでかとセールスポイントを羅列しなくても、情報をしっかり掲載するテはいろいろありますので。

文字と写真、イラストや図解などで説明するなど、見る人に優しい広告デザインはやはり「売れるデザイン」だと思います。

広告にもある種の「冗長性」とでも呼ぶべきものが必要

優先順位は高くないし、そこまで読む人は少ないかもしれないけど、もう一押し、あと一押しの情報を詰め込んでおくと。そういう細かい情報も、本気で購入を検討している人は、結構読んでいたりしますので。IT関連の用語に「冗長性」(じょうちょうせい)というものがありますが、広告にもある種の「冗長性」とでも呼ぶべきものが必要だと思います。

そういう潤沢な情報を提供できていない場合、その広告は苦戦が予想されます。チラシなどでは紙面の都合があり、大量の情報を掲載する事は難しいかと思いますが、ウェブサイト、つまりホームページであれば内容を追加するスペースを確保する事はそれほど難しくないので、頑張って載せてみるのがおすすめです。

「言いたい事はあるんだけど上手くまとめられない」という場合はどうするか?

「でも、言いたい事はあるんだけど上手くまとめられない」というお話もよく聞く話ですが、そこはやはり広告制作のプロに任せてみられては如何でしょうか?ごちゃごちゃの情報でもとりあえずあるだけの情報を広告制作業者に伝えて、広告の大まかな雰囲気(インパクト重視とかお洒落さ重視とか)を伝えれば、広告制作業者は上手くまとめたものを提案して来てくれるはずです。

そこで「違うな〜」と思ったら広告制作業者の変更を検討されるのが良いのではないでしょうか?

広告制作は熟練を要するのは当然ですが、広告を発注されるのも、ある程度の経験値がないと、デザイナーを使いこなせませんし、できて来た制作案が良いか悪いかを判断するのも難しいと思います。結局のところ、その制作者のこれまでの制作実例を見せてもらい、説明も聞いて、ピンと来た広告制作業者やデザイナーにまずは任せてみる、というのが無難な選択かと思います。

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ