個人事務所「グラッドワークス」のデザイン日記
個人デザイン事務所「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎の広告写真撮影】ちょっと不便な「単焦点レンズ」を使いこなして、広告用写真撮影もグレードアップ!? | main | 【超・基礎の広告デザイン制作】費用をつぎ込んで広告しても「売れない」「集客がない」のは「言葉足らずの広告」だから…かも知れません。 >>
【超・基礎のWeb制作】Evernote for Mac のアップデートが大ハズレ(?)でもWebアプリでなんとか凌げる最近のインターネット環境
おはようございます。デザイン事務所「グラッドワークス」です。

Evernote for Mac を久々にアップデート。が、大変残念な結果に。

先日、Evernote for Mac をバージョン6.0.7から6.0.16にアップデートしました。
が、正直失敗です。

6.0.16では文字の途中に文字を追加しようとすると、その位置以降の文字(1行分)が消えてしまうようになってしまいました。これでは使い物になりません。。。
OSのバージョンなどの条件により、他のマシンでも同じ症状が出るかどうかは分からないんですが。

春先に Evernote for Mac を 6.0.7 にアップデートしたときは、 それまでのバグがほぼ解消されていてかなり快適だったので、その後のアップデートはずっと見送って来ていたのですが。

ただ、微妙に小さなバグらしきものは残っていて、時々ノートのタイトルが途中までしか入力されない、というような問題があったので「そろそろそういうのも解消されているのではないか?」と思ってアップデートしてしまったのがマズかった様子です。
残念ながら、うちの環境では先述のように「大ハズレ」の結果となってしまいました。

段々違和感が無くなって来ている「Webアプリ」

しかし、パソコンにインストールして使う「クライアントアプリ」を使わずとも「webアプリ」でEvernoteが使えます。 「webアプリ」というと少々大仰な響きがありますが、要はWebブラウザでEvernoteにアクセスして直接ノートを編集したり追加したりするだけのことなので特に難しい事はありません。

MicrosoftのOffice関係もWebアプリ化されて来ていますし。
デザイン用のソフトウェアはアプリも扱うデータも重い傾向があるのでWebアプリ化はまだ先の話かなとも思いますが、デザイン用ソフトの代表とも言える Adobe Creative Cloud の向かう先も、多分そっちの方向なのかなとも思います。

Evernoteに話を戻すと、当たり外れの激しいクライアントアプリよりWebアプリの方が安全…というか気楽です。ネット環境が悪かったり、Webの接続速度が遅いと一気に使いにくくなりそうですが、最近はネットも普通に速いので、それほど使い勝手が悪い訳でもありません。
多少癖はありますが、編集するたびに同期する手間は省けます。

ただ、たまにEvernoteのサーバが落ちる事があるので、Webアプリだけだと、そういう時に困るのも事実。 クライアントアプリで同期しつつも、メインはWebアプリで凌ぐのが当面の対策となりそうです。

とはいえクライアントアプリに慣れきっているので、早いところバグフィックスお願いしますEvernote様。。。

ホームページ制作のグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
手頃な料金で、美しく、分かりやすいウェブサイトを。「デザインと写真の合わせ技」による、本格的なクオリティのホームページをご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
神奈川県横浜市エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

JUGEMテーマ:PC関連
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ