個人事務所「グラッドワークス」のデザイン日記
個人デザイン事務所「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 【超・基礎の広告写真撮影】デジカメ写真のホワイトバランスの話。蛍光灯の元で写した画像は緑っぽく写る理由 | main | 【超・基礎の広告デザイン制作】グレイ(灰色)のバリエーションと印刷で使うときのの小ワザ >>
【超・基礎のWeb制作】Webの画像は「RGB」がお約束。ホームページに「CMYK」モードの画像はお勧めできない理由
おはようございます。デザイン事務所「グラッドワークス」です。

Webで使う画像のカラーモードは「RGB」が一般的

RGB CMYK

デジタル画像のカラーモードには「RGB」と「CMYK」があります。Webデザインでは普通は「RGB」のカラーモード画像が使われます。デジカメで撮影した画像なども「RGB」の画像です。CMYKは印刷物用のカラーモードで、チラシやパンフレットなどの印刷物を入稿する際に使われるものです。

本来であればCMYKカラーモードの画像がホームページに掲載される事はありませんが、印刷物用の画像をカラーモードの変換(CMYK→RGB)する事なく載せてしまっているとか、CMYKモードで作成したWord書類などのPDFをWebで見せるようにしているなどの場合は、Web上でもCMYKモードの画像を目にする事があると思われます。

WebにCMYK画像を使用しても、良い事はあまりありません

本来CMYKモードというのは光そのものではなく、光を反射して色を表現するインクの色の調合度合いを数値化したものなので、デザイン用の画像加工ソフト(Photoshopなど)で画像の色調を変更して行くと、色の変化が素直ではないのがわかります。CMYKモード画像の色調補正をした後に、RGBモード画像の色調補正作業をすると、RGB画像は色の変化が滑らかで、とても扱いやすいと感じます。

ホームページやブログ等に掲載する画像の場合、CMYKモードの画像はRGBモードの画像と比べると下記のような問題点があります。

・色がくすんで見えがち
・データサイズが重くなる
・閲覧する端末によっては色彩表示が大きくズレる事がある


…などなど。良い事はあまりありません。

特に高性能なモニターを使うほど、RGBとCMYKの違いが目につくと思います。またスマホで見たとき、色が明らかにおかしいという場合は、その画像はCMYKモードの画像である事を疑った方が良いかと思われます。スマホなどではCMYKモード画像のカラープロファイルに対応していない事があるため、色の調整がうまく行かない場合があるのです。

本当はきれいな写真のはずなのに、なぜかホームページやブログ上できれいに表示されない、というときはカラーモードに問題があるかもしれません。

ホームページ制作のグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
手頃な料金で、美しく、分かりやすいウェブサイトを。「デザインと写真の合わせ技」による、本格的なクオリティのホームページをご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
神奈川県横浜市エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ