個人事務所「グラッドワークス」のデザイン日記
個人デザイン事務所「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎の広告写真撮影】広告写真撮影時に気を付けたい、パース歪みとレンズ歪み | main | 【超・基礎のWeb制作】いろいろ増えるクラウドストレージサービス。分散して使えば無料でもかなりのデータを保管できます。 >>
【超・基礎の広告デザイン制作】印刷物を画像化、PDF化したものをスマホなどで見ると色が変になることがあります。
おはようございます。デザイン事務所「グラッドワークス」です。

画像やPDF、スマホとパソコンでかなり違う事があるのはなぜ?

印刷物のデザインデータを画像化した物をスマホで見ると実際とかなり違っている事があります。
ちょっと濃いめの緑色などはほぼ黒に見える事もあります。PDFでも発生します。

これは画像の「カラーモード」の問題で発生する様子です。

Webと印刷物の「カラーモード」の問題

Web用の画像などは普通、「RGBモード」の画像が使われています。
「RGB」とは、
「R」:レッド
「G」:グリーン
「B」:ブルー
のことで、これは光の3原色でもあります。
この光の三原色「R」「G」「B」を組み合わせて表示するカラー画像が 「RGBモード」の画像です。

一方で、 印刷原稿は通常「CMYK」というカラーモードで作られています。 これはインクの3原色+黒の4色で色彩を表現するものです。

「CMYK」についての詳細は下記をご覧ください。
ほとんどの「フルカラー印刷」は4色のインクで印刷されています

「CMYK」モードの画像やPDFの色がズレる理由

これをそのまま画像に書き出すと「CMYK」モードの画像ができてしまいます。 PDFなどに書き出した場合も同様のことが起こります。 (「RGB」モードに変換して書き出す事も可能です)

この「CMYK」画像を閲覧しようとすると、冒頭に書いたように 一部のスマホやタブレットパソコンでは色がかなりズレた物になることがあります。 (すべてのスマホやタブレットが「CMYK」非対応という訳ではありません)

「CMYK」モードというのは本来「RGB」モードで色表現しているパソコンのモニター上で印刷物の色彩を擬似的に表現しているため、本質的にムリがあるのです。それでも大抵のパソコンでは特に違和感もなく表示されるのはパソコンの側で「CMYK」画像をなるべく正確に表現する仕掛けが備わっているからなのですが、一部のスマホやタブレットではその仕掛けがない物があるのです。

しかし会社や店舗のロゴデータなどは「CMYK」モードのデータしか用意されていない、という事があります。

通常ロゴデザインをする際には、 「CMYK」「RGB」「特色2色」「1色(モノクロ)」などのとき、どんな色を使うか決めてある物なのですが、何らかの理由により、「RGB」モードのデザインデータ、またはデザインの仕様書が失われている事があります。

「色がおかしいな」と思うときはデバイスを変えてみる

通常、パソコンやスマホで表示する事がメインのWeb用画像などは「RGB」モードで作成されています。
「色がおかしいな」と思うときは画像のカラーモードを確認するのがおすすめですが、 カラーモードの変換は専用のソフトがないと難しいかもしれません。

「色がおかしい」と感じるデバイス(スマホとかタブレットとか)は シビアに色をチェックしたいときには使用しない、というのが最も簡単な対処法かと思われます。
パソコンで見てみるなど、表示デバイスを変えてみましょう。

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
神奈川県横浜市エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ