個人事務所「グラッドワークス」のデザイン日記
個人デザイン事務所「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎の広告写真撮影】スタジオでの商品写真撮影(ブツ撮り)はしっかりしたセッティングが必要です | main | 【超・基礎のWeb制作】ホームページは公開後の運用が大事。集客できるウェブサイトを「育てる」ためのWeb更新方法 >>
【超・基礎の広告デザイン制作】広告と集客と予算の関係・「自己中」な広告宣伝活動は損をする?【印刷】
おはようございます。デザイン事務所「グラッドワークス」です。

広告チラシイメージ

広告宣伝のコストをどうやって回収するのか

ビジネスをするなら、何らかの形での宣伝広告は必要です。例えば店舗や社屋に看板を出すことも受動的な形での広告宣伝です。交通量の多い場所ならかなり多くの人に見てもらえると思います(デザインにも寄りますが)。 が、「それだけでは告知が足りない」「もっと多くの人に広告したい」という場合はより積極的な広告宣伝活動を行うことになります。

つまり、費用を掛けて広告を打ち、人を集めるわけですね。
商売としてモノを売りたいのであれば、広告宣伝コストを上回る収益がないと赤字になってしまいます。
どうすればなるべく少ない予算で、なるべく多くの利益を上げることができるのか?ということが大切になってきます。

広告にかかるコスト・費用

広告にかかるコスト・費用としては、まずは「デザイン、制作料金」があります。広告代理店や制作会社の取り分ですね。広告媒体がチラシならさらに印刷料金も必要ですし、新聞折込で配布するなら新聞折込料金も必要となります。配布方法に付いてはポスティングやタウン誌への折込という手もありますが、多くの場合、大なり小なり費用は必要となります。

ポスティングなどで無料配布しているタウン誌などでは大抵広告枠を売っているので、そのような広告枠を利用して広告をするというのは低予算広告としては良くある手法です。広告枠を契約すれば、デザイン制作から印刷手配、配布までやってもらえるので広告主様からすればラクと言えばラク。持ち込みデザインの広告に対応しもらえる場合もあります。(サービス内容は広告媒体により多少異ります)
ただし「相乗り広告」となりますので、広告としての集客力は単独で広告を打つ場合より多少弱くなるかもしれません。同じようなサイズの広告が並んでいる中に表示されるので、埋没しやすかったり、自社のサービスの差別化はしづらい可能性があります。

確率論の世界を逃れられない、無差別かつ大量にばらまく広告宣伝活動

商品を売るための広告をばらまいても、その商品を買ってくれる見込みが期待できない人に渡された広告はそのまま資源ゴミになる可能性が高くなります。
まず最初の関門は、広告が見込み客の元へ届くようにすること。
その次の段階が、広告を見た人がその商品を買うかどうか判断する
、という段階になります。

 (当事務所「グラッドワークス」の得意分野である「広告制作物のデザイン勝負」はこの段階からの勝負…という事になります。)

折込チラシなど、無差別かつ大量にばらまく形式の広告ではどうしても最初の段階でかなりのロスが見込まれるため、一定の広告反応率を確保するためにはそれなりの物量の広告を投下するという、確率論的な世界での勝負になってしまうことは避けられないと思います。

ダイレクトメールやメールマガジンは使い方に要注意

ならば、見込み客だけに広告を届けることができれば、広告の効率は格段に高くなるはず。
ピンポイントな広告手段として簡単に思いつくものと言えばDM(ダイレクトメール)です。これまでに来店してくれた人やWebからの問い合わせをしてくれた人から集めた住所などに事前に承諾を得た上でDMを送るのであれば、買ってくれる可能性が極めて低い人に広告を届ける確率はかなり少なくなると思います。

メールマガジンなどもピンポイントで広告訴求するには良い方法ですが、メルマガを誰それかまわず送信してしまうのは要注意です。会合等で名刺交換して軽く挨拶しただけの人に対して、事前の承諾なくいきなりDMやメルマガを送るというのはあまり良い評判を聞きません(少なくとも私の見聞きした範囲内では)。
一応、「名刺交換をしたということは、連絡の送受信に同意したわけだからビジネスレターやビジネスメールを送っても問題はない」という解釈のようですが、ビジネスマナーとしてはあまり良い印象を持たない、という人も多いようです。

「自己中」な広告宣伝活動は損をする?

お金を儲けたい、利益を上げたいというのは誰しも思うことではありますが、そういった自分の都合だけで行動すると短期的にうまく行くことはあっても長期的にはうまく行かないのでは?と思われます。「自己中」な広告宣伝活動は結局損をすることが多いように感じます。
やはり自分がいて、お客さんがいて、商取引が生まれる訳ですので、自分の都合と先方の都合、世の中の事情などを考え合わせたバランス感覚を忘れないようにしたいところです。

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
神奈川県横浜市エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ