個人事務所「グラッドワークス」のデザイン日記
個人デザイン事務所「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 【超・基礎のWeb制作】ホームページ用の代表的な画像フォーマット・JPEG/GIF/PNGの特長と、そのデザイン的な使い分け | main | 【超・基礎の広告デザイン制作】広告コピーライティングをする上での微妙な悩みどころ〜英語など外来語の日本語表記をどうする? >>
【超・基礎の広告写真撮影】iPhoneなどのスマートフォンのカメラでWebに載せられる商品写真を撮影するための方法について
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は雨上がりの、少々肌寒い朝です。
早いもので今日からもう9月。 なんだか8月終わり頃から急に涼しくなってきました。
今年の夏も猛暑や大雨で大変だったところも多かったようですが、9月は平穏に過ごせると良いですね。

意外に侮れない?近頃のスマホカメラ

今回はiPhoneなどのスマートフォン(スマホ)のカメラでの商品撮影について。
近頃はスマホのカメラ性能がかなり進歩していて、おかげでコンパクトデジタルカメラ(いわゆるコンデジ)の売り上げは苦戦しているのだとか。 私もiPhone を使っていますが、条件が良ければかなりきれいに写ります。こだわりたい人向けのカメラアプリや画像加工アプリもたくさんリリースされていますし。

以前はケータイカメラの写真は画質的には辛いものが多かったのですが、近頃のスマホカメラは意外に侮れない場合もあったりします。
ではスマホのカメラを使って商品撮影はできるかどうか?

例えばiPhoneの場合、レンズはズームのない単焦点レンズで、その焦点距離は35mm判換算で33mm程度

レンズの焦点距離とは、
・焦点距離が長ければ望遠撮影ができる。
・短ければ広角撮影、すなわち広い範囲をワイドに撮影できる。

というものですが、
iPhoneのカメラは少し広角(ワイド)寄りとなっています。

この画角、記念撮影などをするには使いやすい画角ではありますが、広角レンズはどうしても遠近感が強調されて被写体の形のゆがみが大きくなりがちなのです。

・・・
続きはこちら⇒ iPhoneなどのスマートフォンのカメラで商品写真を撮影することは可能?


写真撮影とデザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
伝えたいイメージをカタチにする、デジタル広告写真に本格デザインをプラス。「デザインと写真の合わせ技」による、高いクオリティの制作物をご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ