八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 「再生可能エネルギー賦課金」告知のチラシが来ました | main | Evernoteのサーバダウンの状況推移をTwitterのハッシュタグでチェック >>
ニコンのミラーレス1眼・Nikon1V1を1日使い続けてバッテリーの限界を探ってみました
約10時間半、約550枚程度撮れました
 おはようございます。今朝の八王子(というか多摩ニュータウン西端)は雨上がりの朝です。

 しばらく前の話になりますが、手持ちの「Nikon1V1」を1日使い続けてみましたのでその時の記録など書いてみたいと思います。ニコンのミラーレス1眼「Nikon1」には比較的シンプルでコンパクトな「J1」と少し大きい「V1」の2種類がありますが、手元にある「V1」のバッテリーは「D7000」や「D800」といったミドル〜ハイエンドデジタル一眼レフ機と共通の大きなバッテリーを使用しています。

Nikon1V1電池イメージ

 某観光地にて朝から写真を撮りまくりましたが、撮影開始から約10時間半経過した、535枚めのシャッターを切った直後に電池切れとなりました。明らかな失敗写真(手ブレなど)は消したりもしているので、実際には550枚程度撮影したと思われます。
 約10時間半持てば十分と言えば十分ですが、光学ファインダーをのぞきながら撮影するデジタル一眼レフと比べると電池の持ちは厳しいですね。背面液晶を見ながら撮影するスタイルでは背面液晶を使用する時間が長いので電力消費は大きくなるようで。

 また、ストロボ(スピードライト)については、前述の比較的コンパクトな「J1」には内蔵ストロボがあるのに対し、「V1」は専用の外付けストロボ(別売)を使用する必要があります。この外付けストロボの電力もカメラのバッテリーから供給するようになっているので、ストロボ使用だとさらに電力が厳しくなると思われます。

 旅行に行ったら写真を撮って撮って撮りまくる人は予備電池を用意しておいた方が安心かと思われます。あるいはこまめに電源切ったり、EVF(電子ビューファインダー)を積極利用して節電に励むか。。。

写真撮影とデザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
伝えたいイメージをカタチにする、デジタル広告写真に本格デザインをプラス。「デザインと写真の合わせ技」による、高いクオリティの制作物をご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

JUGEMテーマ:★カメラLife★
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ