八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ストロボを使って自然な写真が撮れる「バウンス撮影」の基本 | main | 先日発表されたクラウドサービス「Google Drive」を早速使ってみました >>
【GW直前】デザイン小物「ガリレオ温度計」の色玉も下がり始めました

日々、気温も上がって来ています

 おはようございます。今朝の八王子(というか多摩ニュータウン西端)は雨の朝です。

 今日は、昨年6月終わりにお台場の「日本科学未来館」で買って来た「ガリレオ温度計」について。
 昔、「それでも地球は回っている」のセリフで有名なガリレオ・ガリレイという科学者がいましたが、その人が発見した「比重測定原理」に基づいて作られた温度計を一般に「ガリレオ温度計」と呼びます。(商品名は違う名前が付いていました)室内の気温に応じて、液体の中のカラフルな球が浮かんだり沈んだりします。透明で高彩度な色彩と浮遊感。グラフィカルな美しさが魅力のデザイン小物です。※ガラス製なので取扱いは要注意です。

 温度の見方は、浮かんでいる球の一番下の物に付いている表示と、沈んでいる球の一番上の物に付いている表示の間が室内の気温である…という事になります。ただし、最も下の球の表示は18℃になっているのでこれより低い気温は測ることができません。

 昨年11月以来、気温計測の限界を下回る気温が続き、色玉はすべて上がりっ放しの日々がずっと続いていましたが、昨日ついに、一番下の「18℃」の色玉が下に下がりました。

ガリレオ温度計1.jpg


 この写真撮影時の室温は、浮かんでいる球の一番下の物に付いている表示(この写真では22℃)と…

ガリレオ温度計2.jpg


 沈んでいる球の一番上の物に付いている表示(この写真では読み取れませんが18℃)の間が室内の気温だということになります。

ガリレオ温度計3.jpg


 あくまでデザイン重視のインテリア小物であって、正確な温度計じゃありませんよと説明書きにも書かれていますが、それでもこれからは少しずつ、下に下がる色玉が増えて行くものと思われます。この前多摩センターの丸善に行ったら、色々なサイズのガリレオ温度計が陳列されていました。町田の東急ハンズにも売っていたような。(うろ覚えですが)

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ