八王子〜多摩〜町田エリアのデザイン日記
八王子〜多摩〜相模原〜町田エリアで活動中のデザイン事務所
「グラッドワークス」の日常(と仕事)を書き綴るブログです。
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
【超・基礎の広告デザイン制作】集客ツールとして今なお有効な印刷物。でも意外に重く、かさばるので取扱いには注意が必要です
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は晴れの朝です。

チラシやパンフなどの印刷物はいまだ有効な広告宣伝ツール

Webによるプロモーションがこれだけ生活に入り込んでいる現在でも、印刷物のチラシは広告宣伝ツーツとして重要なものとなっています。

いちいちパソコンを起動しなくても手軽に見る事ができますし、スマホの小さい画面では伝えられる情報も限られますが、紙媒体であればセールスポイントをしっかり訴求できるデザイン制作も対応できる範囲が広がります。

そして何と言っても紙媒体というのはあらゆる年代の方が見慣れているものであり、ITが苦手な方でも比較的楽に見てもらう事ができる、という利点があります。広告の制作やデザインの手法もかなり確立されていますし、予算の見通しも立てやすい、という事もあります。

印刷物の広告は集客の手段として、まだまだ重要なものとなっています。

折込チラシなどは数万〜数10万枚単位で印刷するのは普通

チラシの配布方法としては新聞折込やポスティングなどがありますが、不特定多数に宣伝・告知する場合、数万枚程度は普通に配布されます。数10万枚の折込チラシを配布するという事も珍しくありません。

チラシによく使われる紙は「コート53kg」という薄めのコート紙が一般的です。(「kg」というのは紙の厚さを示していて、数字が大きいほど分厚くなります)
もっと薄い紙もありますが、これ以上薄いと両面印刷した場合、ウラ面がかなり透けて見えてしまい、読みにくくなってしまうことがあります。頑張ってデザインしたチラシが見づらくなっては困るという事もあり、この辺りの厚さの紙がよく使われます。

大量のチラシの取扱いは要注意

この薄めの印刷用紙を使っても数万枚の量ともなると相当な量になります。重量も数100kgレベルとなり、保管や持ち運びも気軽にできるレベルではありません。
通常は印刷所から新聞折込やポスティング等の配布業者に直送するのですが、場合によっては広告主様が一時保管して、必要に応じて少しずつ配布する、という場合もあります。

チラシやパンフレットといった印刷物は通常、数多く印刷した方が単価が下がります。同じ内容の広告を何度も配布する予定であれば、一度に大量に印刷しておいて、数回に分けてチラシの配布を行えば広告宣伝のコストダウンができるので、大量に印刷しておく事は広告宣伝費用の削減に効果的な場合もあります。

そのような場合、保管場所には注意が必要です。スペースも結構必要ですし、移動も重くて大変ですし、また、直射日光や湿気対策も必要です。

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
【超・基礎の広告デザイン制作】広告コピーライティングをする上での微妙な悩みどころ〜英語など外来語の日本語表記をどうする?
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
多摩ニュータウン西端は爽やかな晴れの朝です。

今年の夏も結構(かなり)暑い夏となり、「ゲリラ豪雨」も頻繁に発生しましたが、8月終わりから急に気温が下がって、多摩エリアでもいきなり秋に突入したかのような気候です。涼しいのは結構なことですが、野菜の生育には悪影響が出ているようで、近所のスーパーなどでも結構野菜の値段が高かったりします。
やはり暑さ寒さも程々がよろしいようで。。。

横浜花火大会直前の稲妻

上の写真は今年7月の横浜花火大会直前の様子です。海の向こうで稲妻が走った瞬間を捉えました。
都心方面より東京湾を超えて雷雨接近中。。。
iPhoneで「XバンドMPレーダー」をチェックしながら花火開始待ちしておりました。

花火大会は何とか開催されましたが、その後土砂降りの大雨。
これも「ゲリラ豪雨」と呼ぶべきものだったのでしょうか?

英語の発音をカタカナで正確に記述することはほぼ不可能

ところで今回のお題は「広告制作における外来語の日本語表記について」です。
Webや、チラシ、パンフレット等の広告の制作をしていると、「英語などの外来語の日本語表記をどうするか?」という問題に時々出くわします。
英語の発音をカタカナで正確に表記することはほぼできないので、どうしてもアレンジした表記にしないといけない。

コピーライターの人と組んで広告制作をしているような場合であれば、 デザイナーとしてはその責任はコピーライターに負ってもらえるので気楽(?)ですが、 デザインだけでなく、コピーライティング(つまり広告文章の作成)も任せて頂くような立場になると、こういう細かいところも気になり始めます。

クアラルンプール市内

英語と日本語…といえば以前、クアラルンプール(上の写真)に行った時、現地の人に
フードコートはどこですか?」と(英語で)聞いたらまるで通じませんでした(汗)。
え?Huudo Cooto?そんなトコないよ」みたいな(大汗)。

Huudo Cooto」じゃなくて「Food Court」と言わないとダメみたいで。
でも日本語には「F」の発音はないんですよ。。。

マレーシアは昔イギリス領だった事もあり、英語が普通に通じる国ですが、英語と日本語の発音の差をリアルに感じさせられました。

「F」の発音というと、「富士山」は「Mt. Fuji」と表記するのが一般的ですが、あれは「ヘボン式」でそういう記述をしているだけでありまして、当然ながら下唇噛んで「F」の発音をする必要はございません。

「Food Court」にてありついたランチ

で、何とか「Food Court」にてありついたランチ。鶏肉料理が多いのはお国柄の様子。

悩んだらオリジナルの英語表記を参考に

ひとまず日本語の広告媒体の表示では、慣例的に使われているカタカナ表示を使うことになると思います。
例えば「コンピューター」「ペットボトル」「セーター」など。

セーター」なんて、英語ネイティブの人が言うと「スウェイラー」と言っているように聞こえますが、日本人同士の会話で「スウェイラー」なんて言うと逆に分かりにくくなると思われますし。

では「マゼンタ」「ジャカード」など、あまり一般的ではない外来語はどうするか?
「マゼン」と「マゼン」はどっちが正しいのか?
こういうときはオリジナルの英語表記を見るのがよろしいかと。

「Magenta」「Jacquard」というオリジナルの表記を見ると
「マゼン」「ジャード」と表記したほうが、まだオリジナルに近いかと思われます。

現実問題としては「ジャカード」でも「ジャガード」でもどちらでも通じるわけですが、広告表示は不特定多数の人々の目に晒されるべきものなので、言い回しのディテールにおいても極力オリジナルに近い言い回しを使いたい、という時は元の言語を参照するのが安全かと思われます。

「サービス」と「サーヴィス」、どちらを選ぶ?

悩むのは「V」の発音ですね。
「service」を「サース」とすべきか「サーヴィス」とすべきか。

本当は「サーヴィス」とした方がオリジナルにより忠実ではありますが、人によっては、違和感を感じられることもあるかもしれません。この辺の使い分けは広告の想定ターゲット(想定顧客像)に合わせて適宜選択されるのがよろしいかと思われます。

外資系企業に勤務しておられる方の中には「マクドナルド」を「マクダーナル」と呼ぶ方もいらっしゃいますし。

印刷物デザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
会社案内、パンフレット、折込チラシなど印刷物全般のデザイン制作承ります。会社やお店の顔となるロゴデザイン、名刺、看板なども制作実例多数あり。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザイン制作と写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王」の集客力の理由は?
おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
今日の多摩エリアは小雨の朝です。

3Dで日本語吹き替えは意外と少ない

大ヒット中のディズニー映画「アナと雪の女王(原題:FROZEN)」ですが、先月末に橋本(相模原市緑区)の映画館で観てきました。
最寄り駅の南大沢駅前にもシネコンはあるんですが、3Dで日本語吹き替えは意外と少ない。
折角の3Dなので、字幕ではなく吹き替えの方が良いかなと思ったので。

昔は映画に行くと必ずパンフレット(プログラム?)を買っていたのですが、最近は全然ですね。
それでもチラシなどの印刷物があると、デザインの良いものなどは無駄にもらって帰ってしまいます。

アンデルセン童話がベースということでストーリーは分かりやすく、比較的シンプルなもの。
でも作り込みはさすがに力が入っています。
髪の質感までもリアルに表現しきったCG(コンピューター・グラフィックス)など、 制作に手間と時間と予算をたっぷり注ぎ込んだ感バリバリです。

観ているうちに慣れて来る、眼と脳のゼータクさ

が、人間の眼というのはゼータクなもので、観始めは「すごいな〜」と感じていた3DCG映像も、観ているうちに慣れて来るというか普通になってしまいます
多分、脳が3Dと2Dの違いを無視し始めるのだろうと思いますが、折角の3Dなのに何だか勿体ない。
まあ個人差が相当あるだろうとは思いますが。

ディズニーのCGアニメと言えば、アップルの創業者としても有名なスティーブ・ジョブズ氏が設立したPIXER(ピクサー)社のイメージを持っていたのですが、そのPIXERも今ではディズニーの完全子会社になったとか。
で、今回の「アナと雪の女王」を制作したのはPIXERではなくディズニー本体のアニメ部門だとか。
が、ディズニーアニメを仕切っているのはPIXERの人らしい。。。
なんだか複雑です。

「アナと雪の女王」大ヒットの理由は?

と、いうわけで映画もサントラCDも大ヒット街道驀進中の「アナと雪の女王」、
ヒットの理由はいろいろ意見がありますが個人的には、
・ディズニーのブランドネームと安心感
・子どもから高齢者までがっちりと訴求対象にできてしまう間口の広さ

に加え、
やっぱり主題歌「Let It Go〜ありのままで〜」のアピール力が大きいと思います。
広告宣伝的には、この曲だけで相当数のお客さんを引っ張って来られるのではないかと。

プロモーションにおける音楽の力は大きいのです。
昔のCMなどでも、コマーシャルソングだけは覚えていたりしますし。


写真撮影とデザインのグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
伝えたいイメージをカタチにする、デジタル広告写真に本格デザインをプラス。「デザインと写真の合わせ技」による、高いクオリティの制作物をご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ
8%にアップした消費税。でも広告で「消費税分はサービスします!!」はNG

寒さには勝てず、「お花見ランチ」は早々に撤収

おはようございます。八王子市南大沢のデザイン事務所、グラッドワークスです。
昨日は寒いわ雷雨だわで大変でしたが、今日の多摩エリアは快晴の朝となっています。
地元・南大沢でも桜が満開となり、先週の土曜日には例によって「うずまき公園」でお花見ランチ…
を楽しむつもりだったのですが、天気もいまいちで風も冷たくて寒かったので、早々に撤収しました^^;

うずまき公園のお花見
Nikon D700 + AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR(1/500秒 - f/6.3 - ISO 200)
先日のブログで紹介した「南大沢さくらフェスタ」のスタンプポイントもちゃんとありました。

消費税に絡めての安売り広告は禁止になっています

ところで今回は消費税の話です。
皆さんご存知の通り、今年(2014年)の4月1日より、消費税率が8%にアップしました。
以前は「消費税分は価格据え置きさせていただきます!!」というような宣伝を見かける事も多かったのですが、
今はこれ、 NG広告となってしまいます。

去年(2013年)の10月から施行された「消費税転嫁対策特別措置法」では、
「消費税」という言葉を使った表現での宣伝や広告は禁止、となっています。

例えば
「消費税は頂きません!」
「消費税還元セール」
「消費税率上昇分を値引き!」
「消費税相当分、次回の購入に利用できるポイントをプレゼント!」

…などといった表示は禁止となります。

「消費税」という言葉さえ使わなければOK…か?

では、「消費税」という言葉を使わなければ良いのでしょうか?
たとえば「春の3%値下げセール!」とされていても「消費税」とは一切書かれていない場合など。
値引率は、消費税引き上げ分と同じ3%ですが。。。

現在のところ、
宣伝や広告の表示全体から、消費税を意味することが客観的に明らかではない場合は、
禁止の対象となる表示には該当しない

…となっています。
今後新たなガイドラインが発表されるかもしれないので、
この辺は引続き慎重に対応した方が良さそうです。

なお、来年(2015年)10月には消費税率はさらに引き上げられて10%(!)になる予定。
…結構すぐですね。

個人的には2020年の東京オリンピックに向けて、景気は「上げ上げムード」になってくれる事を期待しているので、消費税増税なんてものともせず、日本中が好景気路線を突き進んでくれる事を期待しております。

【出典】日本商工会議所「消費税の転嫁対策特別措置法 5つのポイント」
http://www.jcci.or.jp/sme/2013/0628152337.html


ホームページ制作のグラッドワークス 【良心価格で、本格広告】写真撮影からデザインワークまで一貫した広告制作
手頃な料金で、美しく、分かりやすいウェブサイトを。「デザインと写真の合わせ技」による、本格的なクオリティのホームページをご提供。広告宣伝ツールのレベルアップをお考えの方は、ぜひご相談ください。
多摩〜八王子〜相模原〜町田エリアの印刷物&ウェブデザインと写真撮影はグラッドワークスへ

JUGEMテーマ: 消費税増税
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
人気ブログランキング参加中です!
  • 人気ブログランキングへ
  • 人気ブログランキングへ